弁護士と向きあう?

やっぱりほとんどの人たちが弁護士に相談することにメリットがあるから依頼しているのです。自分自身でやることが実際に出来ないわけではないものの、相場水準での賠償金を得るだけでもとても骨が折れるのが現実です。そのような問題を果たして、交通事故被害という緊急事態に遭遇して、パニック状態になっているあなたが自身で行うことが出来るのでしょうか。

保険会社と自力で交渉してみても、納得のいかない示談金額しか提示してもらうことが出来ないというのが、世間にまかり通るごくごく当たり前の常識と言ってもいいかもしれません。それは、このようなケースにおいて当たり前に弁護士という法律のプロフェッショナルが解決するということが前提となっているからです。

なんで交通事故被害に遭った人たちが、弁護士に依頼するかといえば、賠償金・示談金が間違いなく増額するケースが多いためです。ただし、弁護士に依頼することは、お金のかかることなので、みなさんは、費用倒れのリスクもあるかも……ということを考える必要があり、物損事故や軽傷の人身事故の被害者は、弁護士に依頼しないほうが、得するケースがあります。 それでも弁護士費用特約に加入している場合は例外です。